News

ニュース

2020年11月16日プレスリリース

CAMPFIRE、EコマースプラットフォームのBASEと資本業務提携 サービスの垣根を超え、プロジェクトオーナー・ショップオーナーとの相互利用を促進

国内最大のクラウドファンディング「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」を運営する株式会社CAMPFIRE(本社:東京都渋谷区 / 代表取締役:家入 一真 以下、CAMPFIRE )は、ネットショップ開設実績3年連続No.1を獲得しているEコマースプラットフォーム「BASE(ベイス)」を提供するBASE株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役CEO:鶴岡裕太、以下、BASE)を引受先とする第三者割当増資を実施し、資金調達と資本業務提携契約の締結を完了いたしました。本提携を通じて、プロトタイプなどの開発、テストマーケティングを「CAMPFIRE」でおこない、サクセスしたあとに「BASE」で販売を行うといった、量産前の製品開発やテストマーケティング…といった「0次流通」の実現を目指してまいります。

ogp

今後、「CAMPFIRE」が持つ4.2万プロジェクトオーナー並びに390万人の支援者と「BASE」が持つ120万の加盟店へ、サービスの垣根を超えてシームレスに相互利用できる体制構築や機能開発を実施いたします。2021年上半期中には、「BASE」ショップオーナー向けの「クラウドファンディング App(仮称)」の実装などを予定しています。

どちらのサービスも初期費用は無料で、費用は資金が集まった際、または商品が売れた際の手数料のみで、誰でも簡単にリスクなく利用いただけることが特徴です。これから事業を立ち上げる際や、新商品開発時のテストマーケティングにクラウドファンディングを通じて資金調達、出来上がった製品をネットショップで継続的に販売し、商品ラインナップの拡充や刷新時に再度クラウドファンディング…といった活用を想定しています。

今後もCAMPFIREは、1人でも多く、1円でも多くの、”想いの乗ったお金”が巡る世界の実現を目指し、そしてその先にある「誰しもが声を上げられる世界」を実現並びに、BASEが掲げる個人ならびにSMB ( Small and Medium Business )をエンパワーメントし、個人やスモールチームが活躍できる世界の実現を共に目指していきます。

BASE株式会社について

会社名:BASE株式会社 (英語表記 BASE, Inc.)
代表者:代表取締役CEO 鶴岡 裕太
所在地:〒106-6237 東京都港区六本木三丁目2番1号 住友不動産六本木グランドタワー 37F
設立:平成24年(2012)年12月11日
資本金 :33億6,443万円(資本準備金を含む)
URL:https://binc.jp
事業内容:Eコマースプラットフォーム「BASE」の企画・開発・運営
関係会社:PAY株式会社 / BASE BANK株式会社

本件に関する報道関係者からのお問合せ先

株式会社CAMPFIRE広報担当
https://campfire.co.jp/contact/